管理棟裏のクヌギに巻き付くツル植物の葉が白く色づき始めました。
 マタタビの花が咲き始めたというサインです。密生した葉を分けてみるとツルに白い花が咲いていました。
 よく見ると二種類の花が咲いています。
 マタタビは雌雄別株で、おしべだけの雄花を咲かせる雄株と両性花を咲かせる雌株があると図鑑には書いています。
 写真は雌株なので両性花が咲くのですが、右側の小さな花はめしべだけの雌花のようにも見えます。でも、雌花の小さな花びらに見える部分は実はガクで、おしべは花びらにくっ付いているため花びらが散るときに落ちてしまいます。そう、この小さな花は花びらが散ったあとの両性花だったのです。
 秋には砲弾型の実がぶら下がるのですが、それに混じって握りこぶしのような虫こぶも一緒にぶらさがります。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.