げんきの森は遅い落ち葉の季節。
 歩道にはコナㇻの落ち葉が散り敷き、歩くとカサカサ軽やかな気持ちのいい音がします。
 コナㇻやヤマザクラなどの落葉樹は葉を落とす前に葉に貯めていた養分を幹に回収し、空っぽの葉を落とします。そのせいで、落ち葉はひらひら舞い落ちます。
 ちなみに、葉に貯めた養分を回収しないオオバヤシャブシの葉は少し重そうに落ちてきます。
 寒い季節ですが、落ち葉を踏んで歩いていると何だか暖かな気持ちになってくるのが不思議です。
 今年もげんきの森にはたくさんの方が訪れていただきました。
 ありがとうございました。
 来年は1月7日から開園いたします。
 倶楽部員一同、心地よく過ごせる公園づくりに努め、皆様のお越しをお待ちしています。
 来年もよろしくお願いいたします。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.