げんきの森の管理車道を奥に進んでいくと、どこからともなく綿あめのような甘い香りが漂ってきます。
 カツラの落ち葉が香っているのです。
 完全に茶色になった落ち葉は香らず、黄色に色づいて落葉した葉がよく香ります。
  みなさんも、この木を見つけたら根元に落ちている丸い葉を探してみてください。
 きっとこのいい香りに出会えるはずです。
 カツラは、管理棟から北に向かったむくのき原にも大きく育った木が2本あります。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.