昆虫の名前は長い名前が多くなかなか覚えにくいのですが、これもそんな昆虫の一つ。
 園内のコナㇻ倒木に発生したハナビラニカワタケに集まっていました。キノコを食べる昆虫の仲間なのです。
 名前に台湾が付いているように、南方系の昆虫ですが、対馬海流に乗ってきたのか対馬にはたくさんいるようです。
 最近は宮崎県と鹿児島県で見つかっているとのことで、これは、しいたけほだ木などの移動に伴うものではないかと考えられています。
 げんきの森では昨年発見されていますが、なぜにこの場所で?という印象です。
 このキノコには12頭集まっていました。成虫越冬ですが、寒いこの地域でも繁殖しているようです。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.