「浅葱斑」何とも優雅な名前を付けてもらったチョウです。
 アゲハチョウ並みに大きなチョウですが、アゲハのようなしっかりした飛び方ではなく、ひらひらと頼りなげに飛びます。
 それでも、このチョウは台湾辺りまで大移動する性質が知られており、羽に捕獲した場所と日時を書きこんでその移動の状況を調査した経過を掲載したアサギマダラネットが有名です。
 こんな頼りなげに飛ぶチョウですが、ガガイモなど幼虫が食草にする植物が有毒なので、チョウの体内にも毒を貯め込んでおり、野鳥などに食べられないのだろうと考えられています。
 管理棟裏に植えられたフジバカマに毎日数匹が吸蜜に集まってきます。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.