イタドリは秋の初め頃、雌雄別花の白い花を咲かせます。熟した雌株の実は風に乗って遠くまで飛んで行きます。
 白いイタドリの中に、時々赤花の個体が見られます。ベニイタドリという名を付けて、亜種や品種としている研究者もいるようですが、日本で最も頼りにされている「Yリスト」呼ばれている植物分類リストでは同種と整理しているようで、どうもはっきりわかりません。
 赤い花のイタドリは高山に多いのですが、県内でも時々見られ、げんきの森にも雌株が1株あります。
 管理車道入り口付近ののり面ですでに実になり始めているのでご覧ください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.