万葉集に歌われている思い草はこの花だと考えられています。物思いに沈んでいるようにうつむき加減に花が咲きます。
 現在の名前はナンバンギセル。
 花がキセルによく似てるのでその名がついています。
 ススキの根に寄生して養分をもらっているため、光合成をするために必要な葉を持っていません。
 生石高原のススキにはあちこちに寄生して、夏の終わり頃にこの不思議な花を咲かせていますが、げんきの森で野生のものはまだ見かけられていません。
 ビニールハウス内にある鉢植えのススキの株元から花茎をのばして咲いています。
 ぜひ、ご覧になってください。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.