横木を積み上げた管理棟の横木の隙間に緑の葉を抱えたハチがしきりに出入りしていました。
 何の葉を採っているのか、出てきたハチをみんなで追いかけてみると、管理棟脇の斜面に茂ったクズの葉に飛んで行き、バリバリ音を立てながら葉を直径2㎝程の楕円形にかじり取っていきます。
 かじり取る時間はほんの10秒ほど。なかなかの早業です。
 このハチは何者なのか、調べてみるとどうやらクズハキリバチのようです。
 横木の隙間に持ち込んだ葉は丸めて並べ、その中に花粉や蜂蜜を貯め込んで幼虫のエサにしている草食のハチです。
 げんきの森では、運が良ければそんなハチにも出会えるかもしれません。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.