トゲだらけの緑の枝に丸い緑の実が大きくなり始めています。カラタチです。
 中国原産で8世紀には日本に入っていたようです。名前は唐橘(からたちばな)が略されたもので、橘とはミカンのこと。ミカンは暖かい地域の植物ですが、カラタチはミカンの仲間で最も寒さに強い植物。
 実は食用にはならず、垣根に利用される他、ミカンなどの接ぎ木の台木として活用されています。げんきの森のカラタチは苗木屋さんから買ってきたジャバラを植えておいたら、やがてジャバラが枯れて台木のカラタチが大きくなってきたものです。
 実はお風呂に入れると美肌によいとか。
 管理棟の東側で育っています。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.