ヤマノイモの白い花が咲き始めているなと眺めていたら、黒字に白い水玉の羽を持ち、体には黄色のラインが入ったきれいな昆虫を見つけました。
 カノコガです。蛾ですが、昼間に飛び回り植物の花の蜜を吸います。
 珍しくもないどこにでも見られる昆虫ですが、見れば見るほどシンプルな色遣いとデザインがきれいです。
 蛾ですから羽には鱗粉が付いています。そのため、指でつまむと指先にきれいに模様が転写されるので、ハンコチョウと呼ぶ地域もあるそうです。
 どこにでもいるありふれた生き物たちが里山の環境を作り上げています。それを生物多様性と言います。
 珍しい生き物だけが大切なのではなく、こうしたありふれた生き物の大切さについても考えてみたいものです。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.