ウツギやクマノミズキ、リョウブなど白い花が目立つようになった初夏のげんきの森に鮮やかなオレンジの花が咲き始めました。
 ヤブカンゾウです。漢字で書くと薮甘草。ノカンゾウが清楚な一重の花なのに対し、こちらは豪華な八重咲で、よく目立ちます。
 早春、新芽をヌタなどにする山菜の代表格の植物です。花が開く前の蕾は茹でておひたしにしたり天ぷらにしても美味しくいただけます。これを茹でて干したものは「金針菜(きんしんさい)」という中華料理の食材だそうです。
 農地のあちこちで見られる植物なので、優秀な食材として人が運んで広げた場合の多い植物で、当園でもバリアフリートレイル起点付近や大谷新池の周りに増えていますが、元々は私たちが持ち込んだものです。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.