木全体を覆うようにかわいい紫の花をたくさん咲かせているシチョウゲ。
 漢字で書くと「紫丁花」。
 花が丁の字に似ているところから付けられた名前でしょうか。
 県内の東牟婁地域と本宮町が自生の地域で、この地域以外では高知県で確認されているだけのけっこう希少な植物なのですが、花が美しく、刈り込みにもよく耐えるので園芸植物として垣根などに植えられています。
 川岸の岩壁に張り付くように育ち、紀南地域の激しい川の流れにさらされ続けても生き残ってきたたくましさがこういった刈込みへの強さにつながっているような気がします。
 シチョウゲは広場脇の小段の上に二株植えられているので、ぜひご覧ください。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.