柔らかな緑の草むらに黄色のタンポポのような花が咲いています。でも、タンポポにしては少し花びらが少ないようです。
 これはオオジシバリ。タンポポの仲間で、花が終わると綿毛がタネを運びます。
 中辺路町には在来のタンポポがなかったので、このオオジシバリをタンポポだと地元の子供たちは呼んでいたとどこかの本で読んだことがあります。
 県内に広く分布しており、葉は細長く、ちぎると白い汁が出てきます。
 地面を縛るように一面に茎を広げるのでこの名前が付きました。
 畑の畔など、草地の植物ですが、毎年こまめに草刈りをしているバリアフリートレイル起点付近の草むらにいつのまにか広がってきました。
 探してみてください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.