日当たりが大好きで、地面に張り付くように茎をのばし葉を広げます。花はきれいな紫色。
 キランソウとはおかしな名前です。紫の蘭のようなので「紫蘭(シラン)草」がなまったという説が僕にはいちばんしっくりしますが。
 別名は「地獄の窯の蓋」。良く効く薬草なのでこれを飲んでいると地獄の窯に蓋をして落ちこむことがないということからこんな名前も付けられています。
 子どもの頃、この花をつまんで、花の元の白い部分を吸うとわずかに蜜の甘さを感じるので、みんなで競って花を吸ったものです。
 げんきの森では歩道を歩くとあちこちで見られます。探してみてください。






Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.