げんきの森の管理棟裏に白いタンポポが咲いています。
 和歌山県には在来種のカンサイタンポポと外来種のセイヨウタンポポが一般的ですが、局所的に白色のシロバナタンポポが見られます。あまり目にすることはないので、外来種と思われがちですが、暖かな九州などに多い在来種です。
 最近は温暖化で東北あたりまで進出しているそうですが、身近なところでは和歌山城の三年坂沿いにも見られます。
 五倍体といって5対の遺伝子を持っていて、身近なタンポポより大型になります。
 日当たりが大好きで天気のいい日しか花を開かないので、天気のいい日に探してみてください。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.