三月になって一気に春めいてきたげんきの森に、キブシの花が咲き始めました。
 キブシ科キブシ属というあまり聞きなれない仲間の樹木ですが、漢字で書くと「木五倍子」。五倍子(フシ)とは江戸時代にお歯黒の材料として珍重されたヌルデの虫こぶのことなのですが、貴重品で品薄だったので、代用品として使われたのがこのキブシの実。そのため、木五倍子という名前が付けられました。
 雄株と雌株があり、写真は雄株。雌株に咲く雌花はまだつぼみが固い状態です。
 深い山から海岸線まで分布していますが、海岸に近いほど花は大きく黄色みが強いような気がします。
 げんきの森では海岸に近いタイプの大型で黄色の花を咲かせています。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.