今年第一級の寒波がやってきましたが、げんきの森では、今が紅葉の盛りです。
 写真はハゼ。県内の里山ではおそらくもっとも鮮やかな赤に染まる樹木です。
 ハゼのように赤く染まる木の葉は、葉の中にたまっているデンプンがアントシアニンという赤色の色素に変化し、同時に緑色の葉緑素が消えてしまったので赤くなります。
 げんきの森で最も多いコナㇻは黄色に染まっていますが、これは葉緑素が消えたため。元々葉の中に含まれていたカロチンという黄色の色素が目立ってきたためです。 赤居派の中にもこのカロチンは含まれているので、赤と黄色の割合でそれぞれの葉の色合いも決まってきます。
 枯れ葉舞い散る遊歩道で、今年最後の紅葉をお楽しみください。







Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.