公園の見回りをしているとコナㇻの切り株に見慣れないきれいなカメムシを見つけました。普通のカメムシより大ぶりです。
 鮮やかな緑の下地にくっきりとした赤い模様が描かれています。キンカメムシの仲間だとは見当がつくのですが、昆虫の知識がない私には何かわかりません。
 事務所に戻り調べてみると、どうやら「アカスジキンカメムシ」。
 嫌なにおいのするカメムシですが、このカメムシはほとんど臭いません。人気のタマムシに匹敵する鮮やかな光沢で、歩く宝石と呼ばれているとか。
 うっとおしい梅雨が続きますが、美しいこの虫に出会えたおかげで、ちょっと得をした気分の一日でした。





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.