しでざくらと呼ばれているサクラがあります。正式な和名はザイフリボク。白く細長い花びらから采配を思い浮かべるのでザイフリボク(采振り木)と名付けられたのですが、しめ縄に垂らす白い紙の紙垂(しで)も連想されるのでしでざくらとも呼ばれています。
 ヤマザクラのように毎年盛大に花を咲かせるわけではなく、隔年にたくさん花を咲かせます。
 今年は当たり年で、きれいな真っ白な花をたくさん咲かせています。写真のザイフリボクはげんきの森へ向かう林道沿いに咲いています。
 来月初旬までは楽しめそうです。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.