げんきの森ではロウバイ、ボケと並んで早くもウメが開花しました。
 有名なみなべ梅林も2月になってからの開園になりますが、暖冬の今年は少し早いようです。
 緑花センターのウメも早咲きのものは咲き揃いました。
 ウメについては特に解説することもありませんが、遣唐使が中国から持ち込んだと考えられており、以来、サクラとともに日本人の心を捉え続けてきた花です。
  こんな寒い季節でも、天気の良い日はニホンミツバチが飛ぶので、花粉を運び、実を結ぶことができます。
 ご来園の際は、ぜひ早春の良い香りをお楽しみください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.