寒い冬は樹木たちも寒さ対策をしています。落葉して冬芽だけになることが最も大きな寒さ対策ですが、写真の枝は元から3/2ほどが白い産毛に覆われているのがおわかりでしょうか?
 産毛に覆われている部分は昨年伸びた1年目の枝で、黒っぽく見える元の部分は2年目の枝です。2年目の枝はしっかりした組織が出来上がっているので、産毛はありませんが、1年目の枝はまだ産毛で寒さから守られています。
 この木はイヌシデ。管理車道に入った右手の斜面に植えられており、車道のガードレール越しに手に取って観察できます。
 探してみてください。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.