早春を代表するキノコといえばこれ。
 少し頭が潰れていますがアミガサタケです。
 私が観察した前日にたくさん採取されたそうなので、実は残りものの1本です。
 広葉樹を分解するキノコだそうですが、発生していた場所はヒノキ林の隣。生態のよくわからないキノコです。
 フランス料理ではモリーユと呼ばれ、シチューなどで好まれる食用キノコです。
 私がこの森で見かけたのはこれが2回目。それほど珍しいキノコですが、1度だけ、私の家の庭に出たこともあります。
 やはり、よくわからないキノコです。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.