冬の観察会で、歩道のひだまりで動いている小さな生き物を見つけました。
 姿は真っ赤なダニです。たまに、見かけるのですが、なんだろうと調べてみると「ツツガムシ」というあまり歓迎したくない生き物に似ているということがわかりました。
 ツツガムシは全国にいるダニの仲間ですが、幼虫の1%程度がリケッチアという病原体を持っており、かまれると発熱することがあるそうです。
 写真の生き物は成虫のアカツツガムシにそっくり。
 ちなみに、成虫は人には噛みつかないそうです。
 冬の里山で思わぬ出会いがありました。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.