秋の草原に紫のタンポのような小さな棒がつんつん立ち上がっています。
 イヌタデです。
 この花を小さな手ですごき取り、赤飯に見立ててままごとをしたのはどれくらいの年代まででしょう。「あかまんま」の別名は全国に広がっているようです。
 タデの仲間で、全国に分布し、花は春から咲いていますが、やはりこの季節によく目立つので、俳句でも秋の季語になっています。
 写真はもみじ谷で撮影しました。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.