「ゆっくり歩こう 萩がこぼれる」
 山頭火のこんな句が似合う季節になりました。
 げんきの森の管理棟前に毎年倶楽部員の一人が大事に育てている立派なハギがあり、今年も美しい花を咲かせています。
 樹高は2mを超え、ハギの仲間ではかなり大型です。
 花はミヤギノハギのようですが、葉の先が丸く、一般的なミヤギノハギではなさそうです。
 ハギは人によって作られた雑種も多く、私の手持ちの植物図鑑にはぴったり当てはまるものがありませんでした。
 バリアフリートレイルを歩くと、一般的なヤマハギとマルバハギも見られます。
 秋の里山をゆっくり歩いてみてください。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.