梅雨が明けて、げんきの森のオオムラサキも元気に飛び回っています。
 先月末あたりからぼちぼち見かけるようになりましたが、この写真を撮影したのは7月26日。写真は3頭のオスが集まってお互いにけん制しながら樹液を吸っているところで、少し離れて羽がボロボロになったもう1頭のオスもいましたから、まだまだたくさん飛び回っているのでしょう。
 今年の春は幼虫の食草であるエノキの葉が他の虫に食い荒らされほとんど裸にされてしまったので、オオムラサキの幼虫がちゃんと育ってくれたか心配だったのですが、無事に育った個体も多かったようです。
 コナラの森をバサバサ音を立てて飛び回るオオムラサキの勇姿はもうしばらく楽しめそうです。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.