森に中でアカメガシワが葉を広げていました。太陽が大好きで日当たりのいい場所に育つ樹木ですが、写真の場所は大きなコナㇻの樹の下。
 直射日光はほとんど入ってきません。少しでも光が欲しいアカメガシワは、枝先に近い葉の柄は短く、枝の先から離れた場所につける葉の柄は長くして、お互いの葉が重ならないように上手に広げています。
 それほど強い光を必要としないヤマモモやカシの仲間ではお互いの葉が重なることなどお構いなしにいかにも乱雑な感じで葉を広げているとは対照的です。
 ヤマウルシなどウルシ科の樹木たちもアカメガシワと同じように几帳面に水平面に葉がそろうように広げています。
 森の樹木たちの葉の広げ方にもそれぞれの性格が出て面白いものです。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.