有名な平安時代の女流作家「紫式部」の名前を冠した植物があります。例年、梅雨入りのころにたくさんの小さな紫の花を咲かせ、秋には紫色の実をつけるムラサキシキブです。
 花から実までぜんぶ紫というところからこの名がつけられたのでしょう。
 よく見ると葉の柄や今年伸びた枝まで紫色をしています。紫の色素が多い植物なのですね。
 年によって実の豊凶がありますが、今年は例年より花の数が多いので、きっと実もたくさん付けてくれると思います。
 バリアフリートレイル沿いにもたくさん見られますから、小さな紫の花をぜひ探してみてください。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.