ヒメジョオンは日本では最もありふれた帰化植物で、初夏の荒れ地や道端でかわいい白い花を咲かせてくれる植物ですが、最近、げんきの森に見慣れないヒメジョオンが入ってきました。
 ヒメジョオンよりも小さくて線が細い感じで枝分かれも多く、たくさんの花を咲かせるヒメジョオンです。
 名前はヘラバヒメジョオン。葉がヒメジョオンよりも細長くヘラのような形をしているところからつけられた名前です。
 北米原産で、日本には大正時代に入ったそうですが、私たちの身の回りではあまり見かけなかったような気がします。それが、昨年あたりから和歌山市内でもよく見かけるようになり、主要道路の中央分離帯でも大増殖して無数の白い花を風に揺らせています。
 げんきの森では第二駐車場の奥にヒメジョオンも混じえて咲いています。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.