何本ものエノキの大木を丸裸にして、今年もテングチョウが大発生し始めたげんきの森を歩いていると、薄暗い森の中でムラサキシキブの枝に何やら黒いものがぶら下がっているのを見つけました。
 よく見ると2頭のクロアゲハの交尾のようです。枝につかまってる個体と逆さになってぶら下がってる個体が尾でつながっています。「交尾」とはわかりやすい表現を考え出したものです。
 ミカン科の樹木に卵を産むクロアゲハですから、交尾が終わった雌はげんきの森にあるサンショウやカラスザンショ、カラタチ、キハダなどを目指して飛んでいくのでしょうか。
 げんきの森では特にカラスザンショやキハダがあちこちで大きく育ち始めてるのでたくさんの幼虫が育ってくれることでしょう。
 夏が楽しみです。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.