先日、げんきの森で観察会をしている時、ハクモクレンの葉にオオカマキリの巣を見つけましたが、よく見ると小さなカマキリがどんどん生まれているところでした。
 白く透き通っている塊がオオカマキリの赤ちゃんで、成長すると雌は10cm程にもなり、日本最大のカマキリです。
 卵も大きく、中から200匹程の赤ちゃんが生まれ、どんどん脱皮しながら成長していきますが、赤ちゃんの時から肉食なので共食いなどもあるようです。
 200匹も赤ちゃんが生まれますが大人になるのは1%程。
 彼らがこれからげんきの森でどのように成長していくのか、誕生の場に立ち会ってしまうと気になってしかたがありません。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.