春によく似合う柔らかな黄色の花です。
 3月から4月に咲く野の花で、タンポポの仲間。花が終わると、白い綿毛が風に舞い、その姿はちょっと華奢なタンポポにも見えます。カンサイタンポポが分布しない中辺路地方で子供たちがこの花をタンポポと呼んでいたそうですが、なんとなく納得させられます。
 走出枝と呼ばれる茎が地上を這い、その姿がまるで地面を縛っているように見えるのでこの名がつきました。
 バリアフリートレイルの入り口あたりの土手にたくさん咲いているので探してみてください。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.