げんきの森は9月の台風21号で大きな被害を受けました。ボランティアのみなさんの懸命な復旧作業でなんとか一般の遊歩道は利用可能になっていますが、森の中にはまだまだ風で倒れたり折れたりしたコナラがたくさんあります。
 やっとそうした森の中の被害木の処理に手が回るようになってきた先週日曜日、バリアフリートレイル入り口付近から作業に取りかかりました。
 公園がオープンして15年が経ち、コナラも大きく育ってきているので、処理も一苦労です。直径30cmを超える程のコナラもチラホラなので、けっこう重労働でしたが、少しずつ森の整備は進んでいます。
 写真は処理したコナラ。炭に焼く予定ですが、当分炭の原木に不足しそうにはありません。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.