げんきの森も晩秋と呼べる季節になってきました。そんな里山の道ばたに2種類の黄色い花を見つけました。
 在来種のヤクシソウと外来種のナルトサワギクです。一見、よく似ていますが、ナルトサワギクの花の中心には花びらを持たない筒状花という花が丸く固まり、その周りを1枚の花びらを持つ舌状花が囲んでいます。ヤクシソウはすべて舌状花です。
 げんきの森が開園した頃、人工的に作った作業道の法面は一面外来種のナルトサワギクに覆われましたが、時が経ち、日本本来の自然の仕組みが法面に戻ってくるにつれ、在来種のヤクシソウが増えてきました。おもしろい現象です。
 黄色い二種類の花を注意深く観察してみてください。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.