あまり聞き慣れない名前だと思いますが、花を見たことがある方はいるかもしれません。北海道から九州まで、県内では高野山からげんきの森のような里山まで生育範囲の広い植物です。
 高野山など涼しい地域では9月頃から咲いているようですが、暖かなげんきの森では涼しくなった今頃、やっと咲き始めました。
 葉がフキに似ているのでこの名前が付いています。キク科の植物ですからフキの仲間ですが、これを食べるという話は聞いたことがありません。
 直径1cm程の真っ白な花が花茎の先に付きますが、これはたくさんの花が集まって一つの花に見えている集合花。花が終わるとネバネバと粘る実がたくさん付き、動物や人間にくっついて広がります。
 漁民の森入り口や大谷新池付近の湿った場所でよく見られます。
 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.