写真はげんきの森のふれあいの森エリアで見つけたエゴノキの実の食べ跡。  丸いのが枝からぶら下がっている実です。その中に茶色のタネが入っているのですが、よく見ると側面に穴を開けて中身が食べられているタネが散らばっています。
 誰かが食べたようです。
 しばらくこの木の近くで待ってると、コツコツという小さな音がするので見上げると、ヤマガラがやってきて器用に両足に挟んだ茶色のタネをつついています。エゴノキの実には石けんや魚毒として利用されるサポニンという毒があるのですが、秋になるとタネの部分の毒が消えるので、ヤマガラは秋にエゴノキのタネを食べるということになっています。
 今年は暑いこの時期にもうタネの毒は消えているのでしょうか? それとも、少 しくらいの毒はがまんしてヤマガラたちは空腹を満たしているのでしょうか?
 森を歩くと不思議なことがいっぱいあるものです。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.