げんきの森には、茶色くてスマートなカナヘビと尻尾のブルーが鮮やかなニホントカゲの2種類のトカゲが棲んでいます。
 写真はニホントカゲ。カナヘビよりもずんぐりしています。若い個体は写真のようにきれいな青い尾を持っていますが、雄は大きくなると茶色になります。雌はこのままの色で大人になるようです。
 かつて、日本のニホントカゲは1種だと考えられていましたが、遺伝子の分析で2003年に伊豆半島の個体群がオカダトカゲに分けられ、その後、2012年に東日本の個体群がヒガシニホントカゲに分けられたため、今では3種類ということになります。ちなみに、ニホントカゲとヒガシニホントカゲの分布の境界は紀ノ川。紀ノ川から南はヒガシニホントカゲの分布域というふうに考えられています。
 和歌山県はニホントカゲとヒガシニホントカゲの2種が分布する珍しい地域なのです。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.