げんきの森の第2駐車場の野鳥水場にハトよりやや小さい野鳥が来ています。シロハラです。
 冬鳥と呼ばれ、秋に朝鮮半島方面から雪のない和歌山にやってきて越冬し春になると帰って子育てするタイプの野鳥です。
 ツグミの仲間で、木の実も食べますが、地面を這い回りながら落ち葉の下の昆虫やミミズなどを探してがさがさ這い回っている姿をよく見かけます。
 げんきの森で少し大きな野鳥が茂みの中を飛び回っているなと思ったらけっこうこのシロハラの可能性が高いようです。
 キョッキョッっと独特の鳴き声を出しながらうろうろしているので、里山散策の時には少し気をつけて探してみてください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.