日本の樹木の中で最も大きな葉は何でしょう。
 私は山菜で有名なタラノキだと思いますが、タラノキは小さな葉が何十枚も集まって一つの葉になっているので、一見したところでは大きな葉に見えません。
 いかにも一枚の葉らしくて大きなのは写真の樹木。大きなものでは付け根から葉先まで60cmほどもあります。
 これはキリです。成長が早く、日本で最も軽い樹木でもあります。発泡スチロールのように空気をたくさん含んでいるため熱を伝えにくく、タンスにすると中に入れた着物などを火災の熱から守ってくれるので、昔からタンスの材料として重宝されてきました。
 げんきの森のゲートをくぐってすぐ左手下にあります。実際の目で見てその大きさを実感してみてください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.