ウルシやハゼは触るとかぶれる植物として有名です。
 ヌルデはその仲間なのでかぶれの毒を持っていますが、量は少ないのでこれでかぶれる人はあまりいません。 葉にヌルデシロアブラムシが大きな虫こぶを作り、これをお歯黒の材料にしたことで有名です。
 げんきの森ではこのヌルデの花が満開になっています。ウルシやハゼは春に咲きますが、ヌルデは夏の終わりに咲くのです。たくさんの蜜を持っており、ミツバチたちにとっては大切な蜜源植物になっています。
 明るい林の縁が好きなので管理車道を歩くと,所々でその白く細かい花を見ることができます。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.