夏も終わりが近づいてくると、ミンミンゼミやヒグラシの鳴き声もなんとなくさみしげに響いてきます。
 そんな8月の終わり、げんきの森ではクズ、センニンソウ、ボタンヅルなど秋の訪れを知らせてくれる花たちが咲き始めました。
 今回ご紹介するのは、それらの中でも最も可憐な花ヘクソカズラです。
 かわいそうな名前がついていますが、白い筒状の花の内側が濃い紫に染まり、思わず見とれてしまいます。
 葉をもむと独特の臭気があるためこんな名前が付けられています。さすがにイメージと合わないと「早乙女かずら」などと可憐な名前を付けた学者もいたようですが、定着しませんでしたが。
 名前だけで判断せずに、しっかりその美しさをご堪能ください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.