漢字で書くと臼の木。
 写真の実は真っ赤な色をしているのですが、先端がへこんでおり餅つきの臼のような形をしているためこの名前がつきました。
 臼といっても大きさは1cmに満たない小さな実なので、これを見て臼を連想した昔の人の想像力はなかなかたくましかったようです。
 ウスノキはツツジの仲間です。ツツジ科の樹木は乾燥した痩せ地にも適応したたくましいグループで、ウスノキもげんきの森の乾燥して痩せた尾根を中心に生育しています。
 写真は手づくりの森の尾根で撮影したものです。実は甘く食用になりますが、野鳥たちにとっても美味しいエサになりますから食べられてしまわないうちに観察 してください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.