今年はフジの花の当たり年。あちこちの山肌を美しく紫に飾っています。
  つる性のフジは樹木の仲間で、ツルは毎年太くなっていきます。県内でもあちこちにふじの名所はありますがそれらのフジも毎年株が太くなっているのです。
  県内で見られる野生のフジはほとんどがノダフジ。よく似たヤマフジは私は県内では見たことがありません。フジの花房の先が長く伸びるのがノダフジで寸止まりで切れたように見えるのがヤマフジなので、花を見ると簡単に区別はつきます。
  白いフジのほとんどはヤマフジの白いタイプ。ですから花は寸止まりになっているはずです。
  げんきの森では東展望広場に立派なフジ棚があり、そろそろ見頃。
  お楽しみください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.