日本にサクラの原種は9種類。それらを掛け合わしたり、枝変わりを育てたりした品種は600種を超えると言われていますが、その中にネゴロザクラという名前のサクラはありません。
  げんきの森にある品種不明の大花のサクラを私たちが勝手にこう呼んでいるだけのサクラです。
  管理車道を少し入った道ばたに咲いています。
  花が大きく、直径は5cmを超えます。ヤマザクラで3cmちょっと、花の見事なソメイヨシノでも4cmほどなのでいかに大きな花かわかります。
  ガクのあたりに毛はないのでオオシマザクラの特徴が出てるようですが、どんなサクラを掛け合わせてるのか不明です。
  げんきの森は以前は国有林だったので、50年ほど前の担当者が植えたのでしょう。
  今週いっぱいはなんとか花は楽しめそうです。
  山肌を彩るヤマザクラや植栽のエドヒガン、オオシマザクラなどとともにお早めにお楽しみください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.