今期最強の寒波に覆われた先週末でしたが、冬の里山は余分な物を捨て去ってすっきりしたような清々しさがあります。
  このあたりの里山はコナラが中心で、あまり太い木もなく圧迫感がないのが
好きです。
  僕は薪ストーブを使ってるのですが、太くなったカシやコナラはけっこう燃えにくく炭にしてもはじけやすかったりして燃料としては好ましくありません。だから、直径20cmくらいまでの太さの時に伐採して利用されてきました。
  里山を活用しなくなった今ではコナラなどがすぐに太くなってくるので、大きく育ったものから伐採するようにしています。こうして、手入れされた里山だからこそ気持ちよく歩けるのです。
  今年もがんばってこうした整備を続け、みなさんのお越しをお待ちしています。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.