漢字で書くと紀伊上臈杜鵑草。紀伊半島にある上品なホトトギスという意味になります。
  和歌山県と奈良県の南部にしか自生しない希少な植物で、紀伊半島南部の湿度の高い環境に、今の季節、濃い黄色の美しい花を咲かせます。
  野生では湿気のある日陰の岩肌などに自生しますが、その美しい姿から乱獲され今では野生で見られる場所はごくわずかになっているようです。
  すさみ町佐本地区や那智大社、みなべ町清川地区などでは環境が合うのか栽培がうまくいっています。
  倶楽部員の一人が昨年、これをげんきの森に植えてくれました。
げんきの森のような乾燥した環境では直射日光が当たると葉が焼けてしまってうまく育ちませんが、この場所は日当たりが悪いためなんとか花を咲かせてくれました。
  もうしばらく花は楽しめそうです。ぜひ、ご覧になってください。

 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.