げんきの森の管理者道沿いの法面で淡い黄色の小さな花を見つけました。
オオヒキヨモギです。環境省が作っているレッドデータブックに絶滅危惧種として記載されている植物で、和歌山県版のレッドデータブックには準絶滅危惧種となっています。いずれにしても一般的には見かけることの少ない植物です。
  オオヒキヨモギは半寄生植物とされており、周りのヨモギなどの植物に根を寄生させ養分を吸い取っています。ですから、オオヒキヨモギを抜き取ると隣のヨモギも引き寄せられるので「引きよもぎ」の名がついたとか。
  げんきの森では、ボランティアの人たちが毎年顔を見せてくれるこのオオヒキヨモギを刈り取らないように注意しながら、慎重に草刈りをしてくれています。


 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.