大谷新池から根来寺に向かって流れる大谷川。この川沿いの道に高40cmほどの長い柄に小さなブルーの花を段々に咲かせた野草を見つけました。
 アキノタムラソウです。
 「秋の」という名前がついていますが、7月頃から花を咲かせ始め、長いもの
では11月になっても花が見られます。
シソ科サルビア属の植物なので、庭に植えられるサルビアとは近い仲間の草花です。
 タムラソウのタムラは「多紫」(たむらさき)からきたと言われています。
地味な花ですがよく見ると繊細できれいな花なので見かけたらちょっと近寄って観察してみてください。


 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.