変わった名前のスミレですが、漢字で書くと「紫背菫」。
葉の背中側が紫なので この名が付けられました。
里よりも山に多いスミレで、げんきの森では管理棟の裏の歩道を少し入った場所でしか見かけません。
葉は細長い三角形で表は濃い緑色をしています。花の色は淡い紫から濃い紫まで 様々ですが、げんきの森では色の濃い鮮やかな紫の花を咲かせています。 スミレは種子にエライオソームというアリが好む物質を付着させているのでこれ を目当てにアリが種子を運び生育範囲を広げます。
東展望広場のアリアケスミレが舗装の隙間に密生しているのはアリがこういった隙間を移動するからでしょう。
げんきの森ではもうしばらくスミレの花を楽しむことができます。
 


 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.