写真はコバノミツバツツジの冬芽です。
ふっくらとした大きな冬芽と小さな冬芽(写真左端)があります。
  これは何が違うのでしょうか。
実は、ツツジの冬芽は花になる芽と葉を広げる芽があって、大きな方には花が、
小さな方には葉が入っているのです。
冬芽は昨年の夏頃にはできあがっていて、その時からすでに花と葉に分かれています。
  この芽は、翌年4月に花が開くまで芽鱗という丈夫なカバーで守られています。
春になって花や葉が成長してくると、この芽鱗がはがれ落ちて中からきれいな花が現れます。
待ち遠しい春の訪れです。
げんきの森のシジュウカラたちは春が待ちきれなくて、すでに雌を誘うさえずりを始めました。
暖かな春が来るまで、もう少しの辛抱です。


 





Copyright(c) 1999-03End Negoroyama-Genkinomori. All rights reserved.